アパート建築における利点

アパートを建築する事にはいくつかのメリットがあります。
一般的に知られるものから、相続税などに関する利点が生まれるのもアパート建築です。
実際にどのような利点があるのか、当サイトでは紹介していますので、きになる方はチェックしてみてはいかがでしょう。

一般的に知られるアパート建築、そして経営にあるメリットとしては、不動産で収入が得られるという事です。
住み手がつく事により、賃料として収入が得られますし、物件の管理は不動産に任せる事も方法としてありますので、将来的に考えても安定した収入が得られる可能性が高いです。
これは一般的なメリットではありますが、実際にはそれとは別に相続税対策としてアパート建築が行われる事も稀ではありません。

アパートを建築する事によって、貸家建付地に敷地がなります。
そうすると、土地の評価が2割ほど下がる特徴があります。
土地の評価が下がるという事は総資産が減るという考え方もできますが、これが控除額に関係して相続税対策となります。
アパート建築によってどれくらい相続税が安くなるのかという事ですが、これは財産や法定相続人などによって異なるため、一概にどのくらいの金額が安くなるのかという事を断言する事は出来ません。

相続税対策のためにアパート建築を行うにしても、将来的な事を見据えて、行うのが大切です。
当サイトでは相続税対策としてのメリットなど、詳しく紹介しているので、きになる方は見て頂ければと思います。